色々 / Others

裏千家 許状取得の費用、お礼について

茶道教室にいざ通い始めると、先生から「そろそろ・・・」と

許状申請

のお話が出てくると思います。

許状とは一体何なのでしょうか、そして許状申請にかかる費用は一体どのくらいなのでしょうか。

許状とは?

裏千家のお稽古では以下の表のとおり段階を追って各点前のお稽古をしていきますが、次のステップの点前のお稽古をすることを正式に今日庵から許された証書のようなものが、許状です。

種目 資格
入門 初級
小習  
茶箱点  
茶通箱 中級
唐物  
台天目  
盆点  
和巾点  
行之行台子 上級(助講師)
大円草  
引次  
真之行台子 講師
大円真  
正引次  
茶名・紋許 専任講師
準教授 助教授

許状取得は、

毎月のお稽古代以外に、数年に一度、定期的に発生するお金の話なので、茶道を始める前に先生にお話を聞いておくか、教室の先輩に聞いておくと、心づもりができて良いかと思います。

「こちらのお教室は、許状申請ってどういう感じで皆さんやってらっしゃるのでしょうか・・?」

と、見学のときに聞けば、教室全員が許状申請をどんどん進めていくスタイルなのか、頻度はどのくらいなのか、を教えてもらえると思います。

許状取得は、段階を追うごとにまあまあのお値段になってきますので、初めから心の準備をしておかないと、申請費用=挨拶料を突然申告されたときにびっくりします。私もそうでした。

1種目ごとの挨拶料はそこまでの金額ではないのですが、許状申請は年に一度しかできないため、資格証ごとの種目をまとめて申請するというスタイルが一般的のようで、

「初級」「中級」「上級」「講師」「専任講師」「助教授」

ごとに申請すると、結構なお金が必要になってきます。

またこの許状申請の手続きを先生にしていただくことに対し、先生にお礼を幾らか包む教室もあるようなので、そのお礼の金額の相場を教室の他の社中さんに確認しておくとよいと思います。

場所によっては、挨拶料以上になることもあるそうです・・(*﹏*;)

せっかく踏み出した茶人としての長い旅、お金のことで予想外のことが起きると、どうしても不信感を抱いたり、金銭的にお稽古続けるの難しい、ということが出てくるかもしれません。

お金のトラブルで茶道をやめていく人は少なからずいるようなので、事前に把握しておくのが良いですね!

「お礼って何?」「腑に落ちない・・」ともやもやした気持ちに発展しまいかねない、茶道でちょいちょい発生するこのお礼ですが、

Hanaとしては、こういった許状申請のタイミングで幾らかお礼を包むというスタイルも、的を得ているよなぁ、ということが、お稽古を始めて数年経つと分かってきました。

また別記事にしたいと思うのですが、茶道の先生をするのには、とにもかくにもお金がかかります。

めちゃめちゃかかります。

お稽古をきちんと継続させるために、必要なお道具を新調・修理しなくてはいけないし、生徒たちに様々な経験をさせるために先生同士でお付き合い、そうなると茶会の券も数十枚と購入しなくてはいけなかったり・・。

お茶の先生、本当に大変です! (*ワタシはお茶の先生ではありません。)

しかし、お道具などを買い揃える費用は、毎月の月謝に含まれていない場合がほとんど。

これらの教室を継続するのに必要な費用を「お礼」という形で、数年に一度ドカンとお支払いするというのも、あながち間違いではないよな・・と、今なら分かります。

許状申請をしてくださったお礼=手数料、ってことなのですが、こういった普段のお稽古での費用と考えるとしっくりくるなぁ、と思いました。

生徒からの月謝だけなら、茶道の先生なんて大赤字だもんね。

Hana
Hana
 

毎月、教室継続費として千円・2千円ずつ、月謝とは別に、先生にお支払いする方法が一番良いのかなぁと個人的には思います。先生もなかなか他の教室と違うことは出来なかったり、お金のことなので、途中からは言い出しにくいというのもあるのでしょうが・・

茶道はみんなのもの。お金持ちのお嬢様やおぼっちゃまだけのものではないので、数年に一度ドカンと支払いがくるよりも、分割払いで毎月数千円ずつ・・の方が嬉しい人の方が多いんじゃないかな。

Hachi
Hachi

Hanaみたいに給与使い切っちゃう会社員には尚更だよね。

裏千家許状申請料一覧表

*ご指摘ありましたので、Hana作成の表を削除し、裏千家公式サイトへのリンクのみに変更しました。

挨拶規定

Hana
Hana

事前に把握しておくことで、心の準備と許状申請資金を少しずつ貯めておくと良いですね。お金の心配を減らして、楽しいお稽古ライフを送りましょう♬