Rediscover Japan.
お茶の世界。日本の楽しいこと、美しいもの。
色々 / Others

裏千家 許状取得の費用、お礼について

茶道教室にいざ通い始めると、先生から「そろそろ・・・」と許状申請のお話が出てくると思います。では許状とは一体何なのか、そして許状申請にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

許状とは?

裏千家のお稽古では以下の表のとおり段階を追って各手前のお稽古をしていきますが、次のステップの点前のお稽古をすることを正式に今日庵から許された証書、みたいなものが、許状です。

許状取得は、

毎月のお稽古代以外に、数年に一度、定期的に発生するお金の話なので、茶道を始める前に先生にお話を聞いておくか、教室の先輩に聞いておくと、心づもりができて良いかと思います。

許状取得は段階を追うごとにまあまあのお値段になってきますので、初めから心の準備をしておかないと、申請費用=挨拶料を突然申告されたときにびっくりします。私もそうでした。

1種目ごとの挨拶料はそこまでの金額ではないのですが、「初級」「中級」「上級」「講師」「専任講師」「助教授」ごとに申請すると、結構なお金が必要です。許状は年に1度しか申請できないので、資格証ごとの種目をまとめて申請するというスタイルが一般的です。

またこの許状申請の手続きを先生にしていただくことに対し、先生にお礼を幾らか包む教室もあるようなので、そのお礼の金額の相場を教室の他社中さんに確認しておくとよいと思います。

場所によっては挨拶料以上になることもあるそうです・・(*﹏*;)

この許状申請にまつわるお金のトラブルで茶道をやめていく人が少なからずいるようなので、事前に把握しておくのが良いですね!

例えば私の教室では、許状申請は「挨拶料のみ」で、先生への「お礼」は包まない、と方針で決まっています。

「それでは私の気持ちが収まらない!」という社中は、皆に見えないところで別にこっそりお渡ししているのかもしれませんが、普段のお稽古で、先生は弟子に差別をつけているようには思えないので、その点は先生に恵まれたなぁと思っております。茶道の精神でいえば、それが指導者のあるべき姿かもしれませんが、なかなか難しい先生もいらっしゃるようですಠಿ_ಠಿ

せっかく踏み出した茶人としての長い旅、お金のことで予想外のことが起きると、どうしても不信感を抱いたり、金銭的にお稽古続けるの難しい、ということが出てくるかもしれません。

裏千家許状申請料一覧表

*ご指摘ありましたので、Hana作成の表を削除し、裏千家公式サイトへのリンクのみに変更しました。

挨拶規定

Hana
Hana

事前に把握しておくことで、心の準備と許状申請資金を少しずつ貯めておくと良いですね。お金の心配を減らして、楽しいお稽古ライフを送りましょう♬