点前 / procedure

【四ケ伝】台天目(しかでん・だいてんもく)

Hana
Hana
あくまでもHanaのお稽古備忘録だよ!

台 天 目、どんなお点前?

茶碗が主役のお点前。

天目茶碗を使う濃茶点前。(湯滴天目・曜変天目などがある)

基 本 条 項

  • 茶碗・・天目茶碗
  • 台・・・真塗が多い
  • 茶入・・和物(仕覆)
  • 蓋置・・竹
  • 建水・・唐銅(からかね)
  • 茶杓・・象牙
  • 水指・・木地曲げ

事 前 準 備

  • 茶碗を仕組む。茶碗には 茶巾・茶筌・茶杓を 仕組み、台の上に茶碗を置く。
  • 水指は釜の隣。
  • 茶碗と茶入は水指の前に据え付けておく。
  •  

点前手順

茶碗を運び入れ・道具を清める

入室
  • 茶碗を持って、入室。
  • 右まわりで正座。茶碗は自身の手前に一旦置き、襖を閉める。
  • 茶碗を再び持ち、左足で立ち、点前座に進む。
  • 点前座に正座し、2手で茶碗を建付へ置く。
茶入を清める
  • 茶碗(台)を自身の膝前に置き、茶入を茶碗と自身の膝の間に置く。
  • 茶入を清める(四方捌き)
  • 清めた茶入は水指前左に置く
茶杓を清める
  • 茶杓を清める(三度拭き→捌き直し→清拭き)
  • 清めた茶杓を茶入の蓋上(左)に仮置き
茶碗を一旦仮置き
  • 茶筌を茶入の横に置く
  • 茶巾を水指の蓋の上に仮置きし、釜の蓋を開け、湯を一杓、茶碗に入れる(このとき、茶碗に軽く左手を添える)
  • 茶筌を茶碗に預け、釜の火窓の前に茶碗を仮置きする
台を清める
  • 帛紗を真に捌く
  • 台を清める(ほおずきの手前→向こう→羽の手前→向こうから手前) 
茶筌・茶碗を清める
  • 茶筌通し(茶碗を左手の平に受け、茶筌を清める。3度上げ3度打ち。) 
  • 茶碗(両手で持つ)の湯を建水にあけて、茶巾を取って、茶巾で露切り
  • 茶巾で茶碗を清める
  • 茶巾は釜の蓋の上に置く 

茶を点てる

  • 茶杓を取り、茶碗に茶杓を(櫂先が上を向くように)預ける 
  • 茶入を取り、茶入の蓋を茶碗の横に置き、茶を3杓すくい出す(回し開けしない)
  • 茶を茶杓でさばき、茶杓を茶碗の内側で中打ちし、茶杓は茶入の蓋上に仮置き
  • 美味しいお茶を点てる

茶を出す

  • 天目台の上に茶碗を置き、方向転換して、客に茶を出す
  • お客は茶碗を古帛紗に載せてお茶を頂く。

次客がいる場合、茶碗を天目台に戻して、縁の外で次客に茶碗を送る。

Hana
Hana
  • 点前は 亭主は左膝・右膝と後ろに下がり、控えておく
  • 客に「お服合い」を尋ねる
  • 右膝・左膝と前に出る

中仕舞(なかじまい)

  • 茶名・詰・菓子名・菓子元についてのやり取り

中仕舞をとく

  • 茶巾を釜の蓋の上に置く 
  • 水指の蓋を開けて、一杓、釜に注ぐ 
  • 帛紗を腰につける
客・茶碗&台 拝見

拝見時、台の高台部を見るとき、正客は高台部・裏面を次客に見せないよう傾ける。次客以降は正客に見せないように傾けて拝見する。

客が茶碗を返し、点前は道具をしまっていく。

  • 客が茶碗を返す
  • 取り込み 総礼
  • (客・茶碗&台について尋ねる)
茶碗・茶筌・茶杓を清める
  • 茶碗に湯を一杓注ぎ、茶碗を小濯ぎ(軽くゆすぐ)
  • 茶碗に水を一杓注ぎ、茶筌通し(台の上に茶碗を乗せたままで、3度上げ3度打ち。)
  • 茶碗を両手で持ち、茶碗の水を建水にあける 
  • 茶巾を取り、茶巾で茶碗を露切り
  • 茶巾を茶碗の中に、茶筌を茶碗に預ける
  • 茶杓を清める( 三度拭き→帛紗を建水の上で1度はらう→清拭き。*このとき、帛紗はさばき直さなくて良い) 
  • 帛紗を腰につけ 茶入を水指の前に戻し、天目台を置き合わせる 
  • 水一杓、釜に注ぎ、釜に蓋・水指に蓋をする

道具拝見

  • 客・道具の拝見を所望する 
  • 点前は 茶入を自身の膝前に移動させ、台を水指の前右側にスライドする
  • 茶入を清め、茶入・茶杓・仕覆を拝見に出す