点前 / procedure

【四ケ伝】茶通箱(しかでん・さつうばこ)

Hana
Hana

あくまでHana自身の備忘録だよ。

茶通箱って、どんなお点前?

  • 茶通箱は2種類の濃茶を点てる点前。
  • 2種類とも亭主が用意したお茶。(1種類は客持参のお茶というケースも昔はあったが、今は異なるそう)

基 本 条 項

  • 茶入・・時代
  • 小棗・・真塗(しんぬり)
  • 茶碗・・樂
  • 水指・・塗蓋(ぬりぶた)
  • 建水・・唐銅(からかね)
  • 茶杓・・中節(なかぶし)
  • 蓋置・・棚に飾れるもの(陶器または竹でも格のあるもの)
  • 菓子・・2種類を縁高(ふちだか)で出す。

事 前 準 備

  • 茶入と棗を背中合わせに入れた茶通箱 を棚の 上段・中央 に荘る(かざる)
  • 塗蓋(ぬりぶた)の水指を棚の 下段・中央 に荘る
Hana
Hana

茶通箱の茶入と棗はどちらのお茶が1番かと順番をつけて扱わないためにも背中合わせで茶通箱に入れる。裏千家のホームページの「家元と一問一答」の特集でも説明されています。

点 前 手 順

茶通箱から茶入を出す

  • 茶通箱を棚から下ろす
  • 茶通箱の蓋を開け、箱の左隣に置く。
  • 茶入を取り出し、箱の右横に置く。
  • もう一つの茶器・小棗を手に取り、180度方向転換。茶通箱の中央に戻す
  • 茶通箱を棚の上段、あった場所に戻す。
  • 茶入を水指の前・中央に荘る。

茶碗・建水を運び入れる

  • 茶碗を運び入れ、一度、建て付けへ置く。
  • 水指の前で茶入と置き合わせる。
  • 建水を運び入れる。

通常の濃茶点前で茶を点てる (*帛紗-四方捌き)

  • 解いた仕覆は、天板の上の茶通箱の左横に置く。
  • 帛紗をさばく(四方さばき)
  • さばいた帛紗で、水指の塗蓋を二引きで清める。
  • 茶巾を水指の蓋上へ。
  • 通常の濃茶手前で美味しいお茶を点てる
  • 客に茶を出す

中仕舞

  • (客と「茶・菓子」の質問やり取り)

中仕舞をとく(水指の蓋を開け、水一杓、帛紗を腰につける。)

もう1種類のお茶を点てる

客が「今一種のお茶を。」と所望したら、点前はもう1種類のお茶を点て始める。

棗を箱から取り出す
  • 蓋置を元の場所に戻し、釜の蓋を開ける。
  • 茶巾をたたみ直し、建水の上で絞り、釜の蓋の上に置いておく。
  • 茶通箱から小棗を取り出す。
棗を清める・客ー前の点前の茶碗を返す
  • 大津袋から小棗を取り出す。(畳の上で結び目を解いて、左手の平に乗せて取り出す)
  • 大津袋は手前に折りたたんで、天板の仕覆の上に重ねて置いておく。(置くときは向こう側、手前側の順に指を離す)
  • 帛紗をちり打ちして、草にさばく
  • 小棗を清める
  • 清めた小棗を建水の肩に置く。
  • 客は亭主に茶碗を返し、取り込み、総礼。
  • (亭主は「茶碗」についての質問に答える。)
茶碗を清め、茶を点てる。
  • 湯を一杓茶碗に注いで、茶碗を小濯ぎ
  • もう一度湯を茶碗に注ぎ、茶碗についた抹茶を洗うように茶碗を回す。
  • 湯を建水に捨て、茶碗を茶巾で清める。
  • 棗の茶を3杓すくい出し、残りの茶をを全て掻き出し、茶碗に入れる
  • 美味しいお茶を点てる
  • (客からの2服目の「茶名・詰め」の質問に答える。)

1服目の茶入と仕覆を拝見に出す。

  • 客より「先の茶入、仕覆の拝見を。」と声掛けがあったら、茶杓を水指の右上に仮置きする。
  • 茶入を自身の膝前へ移動し、建水の右肩にあった棗を茶入のあった場所へ移動する。
  • 水指の右上に仮置きしておいた茶杓を棗の蓋上に戻す。
  • 客付きに回り、茶入を清め、帛紗を腰につける。
  • 仕覆と大津袋を手に受け、大津袋だけ棚に戻す。
  • 茶入と仕覆を拝見に出す。
  • 客は2服目の茶碗を点前に返す際に、1服目の茶入・仕覆を、拝見のために自席に持って帰る。

道具を仕舞う

  • 亭主は返された茶碗を濯いで、仕舞礼をし、茶筌を清める。
  • 本仕舞(茶碗は右、左、右の3手で置き合わせ)
  • 水を一杓釜に注ぎ、湯返し、水指の蓋をする。

棗・茶杓・大津袋・箱を拝見に出す。

  • 柄杓を建水へ預け、蓋置を建水の後ろに置く。
  • 茶碗を3手で建付けへ、
  • 棗を天板へ、
  • 茶杓・蓋置を中板へ置く。
  • 棗を清める。
  • 茶杓・大津袋・箱と拝見に出す。

茶碗・建水運び出し・水注ぎ

  • 茶碗・建水を下げる
  • 水注ぎ
  • 戸を閉める

道具拝見時 道具の出し方・並び順

拝見時出すとき(客側視点)
拝見時 客