点前 / procedure

【四ケ伝】唐物

 
Hana
Hana
あくまでHana用のお稽古備忘録だよ。

唐 物

基 本

  • 茶入が主役の手前であり、伝来物の茶入を使う
  • 水指・・木地曲げ
  • 蓋置・・竹
  • 建水・・唐銅(からかね)
  • 茶杓・・止節(とめぶし)
  • 茶碗・・楽

準 備

  • 水指をお点前時に座る位置から畳16目の位置に置く。
  • 水指の手前中央に、仕覆に包んだ茶入を置く。

点 前 手 順

  1. 茶碗を運び入れる
  2. 茶入を清める
  3. 建水を運び入れる 
  4. 茶杓・茶筌・茶碗を清める
  5. 茶を点てる
  • 茶入を清める

茶入を(両手でそっと)持ち上げ・・自身の中央に置き、仕覆を解いていく(点前、向こう、左、右) ‥仕覆を茶入の左側胴に添えるようにゆっくり下ろし、仕覆は水に打ち返して水指の隣に置く ‥帛紗は真にさばき、茶入の蓋手前・向こう、茶入の右側胴に当てて時計回りに (3回転) 清める。

⇒帛紗を1段階前の正方形の形まで戻し、茶入の底を清める

⇒水指の手前中央に茶入を戻し置き、帛紗を腰につける

膝退 (しったい):左膝、右膝、左膝の順に下がる
  • 建水を運び入れる

膝行(しっこう):正座で右膝、左膝、右膝の順に点前位置に移動する

建水を自身の左側に置き、蓋置を定位置に置き(釜の正面左手前の角)、柄杓を蓋置の上に置く*1

建水を定位置に進める

  • 茶杓・茶筌・茶碗を清める

帛紗を”草”にさばき、茶杓を清め、茶入の蓋上に右斜めになるよう預けておく(3手扱い)‥茶巾を水指の上に預ける‥釜の蓋をあける‥茶筌を清め‥茶碗を清める‥茶巾を釜の蓋の上に預ける

茶筌は建水の右肩に置く・・

Hana
Hana
  • 茶を点てる
茶杓の櫂先を上に向ける形で、茶杓を茶碗の中央割って右寄りに預ける‥抹茶を3杓すくい出す‥お茶を櫂先でさばき、茶碗中左下に軽くコツンと当て、櫂先の茶を落とす‥茶を点てる

*1:このとき音を立てない