Rediscover Japan.
お茶の世界。日本の楽しいこと、美しいもの。
茶道色々 / chado

七事式で貴方のお点前はみるみる上達する。

七事式とは?

お茶には「人をもてなす」接待の手段というだけでなく、点前を通して自身の心と体を鍛える「道」としての在り方が基本にあります。「七事式」は、茶の湯の「道」を極める手段として江戸時代中期に制定された修練法です。

阿部宗正 七事式(裏千家茶道) 花月之式(上) (茶の湯の修練5)より

七事式とは、言うなれば、普段のお稽古の総復習です。足運び、お茶の点て方、花の入れ方など様々な要素を修練できます。

では七事式には一体どんな種類があるのでしょうか?裏千家点前教則「七事式」に掲載されている七事式を挙げてみました。

  • 平花月之式
  • 炭付花月之式
  • 濃茶付花月之式 
  • 結び帛紗花月之式
  • 壺荘付花月之式 
  • 軸荘付花月之式 
  • 香付花月之式 
  • 投込み花月之式 
  • 貴人清次花月之式 
  • 貴人清次濃茶付花月之式 
  • 四畳半花月之式
  • 且座之式 
  • 東貴人且座之式 
  • 員茶之式 
  • 茶カブキ之式 
  • 一二三之式 
  • 廻り花之式 
  • 廻り炭之式 
  • 花寄之式 
  • 仙遊之式 
  • 雪月花之式 
  • 法磨之式 
  • 三友之式 
  • 唱和之式

なんと、全部で24種類!

こうしてみると、巻物のように連なっています・・。こりゃ~大変だ。恥ずかしながら、私はつい先日まで花月之式は1種類しかないと思っていました。だって平花月之式しかやったことなかったんだもん・・。

裏千家茶道人のバイブル「裏千家点前教則」では「七事式」シリーズとして、教則本が8冊も発売されています!七事式がいかに果てしない旅であるかを物語っています。しかしながら、四ケ伝以上の点前である奥の点前とは異なり、教則本があるという点ではわからないことがあっても安心ですね。

人数が揃わないとできないし(5名必要)、毎週は普段のお点前のお稽古で忙しいし、となかなか機会に恵まれない七事式。

しかし、普段のお稽古の総復習として定期的に行うと、あなたの普段のお点前がぐいぐい上達するんです!

f:id:momonga_method:20190612150822j:plain

基本となる平花月之式でお話すると、平花月之式では「薄茶点前」でお茶を4服点てます。つまり、薄茶点前を4回お稽古することができます。

f:id:momonga_method:20190613065911j:plain

特徴的なのは「折据お回しを・・」の折据。この折据はくじ引きのくじボックスの役目のもの。「月」「花」「一」「二」「三」の5枚の札が入っています。「月」は正客役、「花」は亭主役の札ですね。「一」が次客で、番号順に続いていきます。

点前をする亭主は札で決めるので、必ずしも1人の人間が4服のお茶を点てるわけではありませんが、いつ自分が当たるやもしれませんので、亭主役のお点前を普段のお稽古の比較にはならないくらい(←ダメじゃん)まじまじと、見つめることになります・・。

慣れている人同士で行うとたったかたったか進んで20分程度で1サイクル終わるらしいですが、慣れない者同士ですと、「足の運び」やら「折据の回すタイミング」だとか、あーでもないこーでもない、と言いながらやるので、小1時間程かかることもしばしば。「」になれなかった人は喉が渇いて干からびるわ、席変わりのなかった人は足がしびれるわで、大体終わるころには皆さん疲れ切っています。

そんな花月之式ですが、スムーズに進めば、席中の皆が阿吽の呼吸で一斉に動くので、とても気持ちよいゲームのようなものになるようです。いつかその感覚味わってみたいです。

七事式の教則本は全部で8冊。

どこで買っても、まとめて買っても、1冊の値段は同じです。まとめて買うと結構な金額になるので1冊ずつ、その時々で買い足していくのがよいかもしれません。24種類もあるから、やらない式もあるでしょうし・・。何年かかったらコンプリートできるのでしょうか・・。果てしない、だからこそ面白いのでしょうね。