点前 / procedure

七事式(しちじしき)であなたのお点前はみるみる上達する。

七事式(しちじしき)ってなに?

七事式とは、いうなれば、普段のお稽古の総復習です。足運び、お茶の点て方、花の入れ方など、様々な要素を修練できます。

Hana
Hana

本には以下の通りあるよ。

お茶には「人をもてなす」接待の手段というだけでなく、点前を通して自身の心と体を鍛える「道」としての在り方が基本にあります。「七事式」は、茶の湯の「道」を極める手段として江戸時代中期に制定された修練法です。

阿部宗正 七事式(裏千家茶道) 花月之式(上) (茶の湯の修練5)より

七事式の種類

では七事式には一体どんな種類があるのでしょうか?

裏千家点前教則「七事式」に掲載されている七事式を挙げてみました。

  • 平花月之式
  • 炭付花月之式
  • 濃茶付花月之式 
  • 結び帛紗花月之式
  • 壺荘付花月之式 
  • 軸荘付花月之式 
  • 香付花月之式 
  • 投込み花月之式 
  • 貴人清次花月之式 
  • 貴人清次濃茶付花月之式 
  • 四畳半花月之式
  • 且座之式 
  • 東貴人且座之式 
  • 員茶之式 
  • 茶カブキ之式 
  • 一二三之式 
  • 廻り花之式 
  • 廻り炭之式 
  • 花寄之式 
  • 仙遊之式 
  • 雪月花之式 
  • 法磨之式 
  • 三友之式 
  • 唱和之式

まるで巻物のように連なっており、な・・なんと、全部で24種類!

こりゃ~大変だ。恥ずかしながら、Hanaはつい先日まで「七事式」は「平花月之式」しかないと思っていました。

人数が揃わないとできないし(5名必要)、他のお点前のお稽古で忙しいし、となかなかチャレンジする機会に恵まれない七事式。

しかし、どっこい。普段のお稽古の総復習として、定期的に行うとあなたの普段のお点前がぐいぐい上達するんです!

Hachi
Hachi

どゆこと?

七事式でお点前がどんどん上達する理由

例えば、平花月之式では・・

基本となる平花月之式(ひらかげつのしき)でお話します。

平花月之式では、「薄茶点前」でお茶を4服点てます。つまり、薄茶点前を4回お稽古することができることになります。

特徴的なのは「折据お回しを・・」の折据(おりすえ)。

この折据はくじ引きのくじが入っている箱みたいなもの。

「月」、「花」、「一」、「二」、「三」の文字が書いてある5枚の札が入っています。

「月」は正客役、「花」は亭主役 の札ですね。「一」が次客で、番号順に3客、4客と続いていきます。

点前をする亭主は札で決めるので、必ずしも1人の人間が4服のお茶を点てるわけではありません。

しかし、油断は禁物。なぜなら、次にどの役割になるかがわからない!

つまり、次に自分が亭主や正客の役割に当たるやもしれませんので、普段のお稽古のときとは比較にならないくらい(←ダメじゃん)、亭主役のお点前を、まじまじと、見つめることになります・・。

この「まじまじ見つめる」、そしてすぐに実践の機会がやってくるこの2点が七事式でお点前がどんどん上達する理由です。

大げさだ、と思われるかもしれませんが、これ・本当です。

七事式は、慣れると爽快で面白いお稽古。

お点前がきちんとわかっている者同士で行う七事式。

それはそれは、たったかたったか。スムーズに事が運んで、わずか20分程度で1サイクル(平花月之式だと4服点てる)が終わるらしいです。

これが慣れない者同士となると、「足の運び」やら「折据の回すタイミング」だとか、あーでもないこーでもないと言いながらやるので、小1時間程かかることもしばしば・・・。

「月」(正客役)になれなかった人は、終わる頃には喉が渇いて干からびるわ、席変わりのなかった人は足がしびれるわ、で、終わるころには大体皆さん疲れ切っています。

そんな花月之式ですが、スムーズに進めば、席中のみんなが阿吽の呼吸で一斉に動くので、とても爽快なゲームのようになるようです。

是非、定期的に「七事式」のお稽古を行って、お点前をしっかり・ちゃっかり覚えちゃいましょう。

24種類ある七事式、教則本がたくさんある。

Hana
Hana

バイブル 「点前教則本」ではなんと8冊!他にもたくさんの解説本があるよ。

裏千家

created by Rinker
¥2,750 (2020/04/09 21:00:01時点 楽天市場調べ-詳細)

表千家