Rediscover Japan.
お茶の世界。日本の楽しいこと、美しいもの。
お店 / Shop

大口屋の麩まんじゅう 餡麩三喜羅は、名古屋駅・セントレアで買えます!

銘菓 麩まんじゅう

愛知が誇る老舗和菓子屋の1つ、文政元年創業大口屋の看板商品といえば「餡麩三喜羅」です。通称「麩まんじゅう」です。タレントの風間俊介さんイチオシのお菓子としてテレビで紹介されたことで、さらに人気が出たようです。

期間限定のちゃちゃ。抹茶が生麩に練り込まれている。

大口屋の「麩まんじゅう」の美味しさの秘密は? 

麩まんじゅうは、名前のとおりですが、こし餡を生麩で包んだお饅頭です。1973年に発売が開始され、お店の看板商品になりました。

一口大のサイズなのに、生麩のもちもちっとした独特の食感がポイントとなり、1つでもかなり満足感が高いお菓子となっています。そしてこのお饅頭を包んでいる、塩漬けにした山帰来(別名:サルトリイバラ)の葉がキモ。このしょっぱさがお饅頭の甘さを更に引き立てており、またアクセントにもなっています。本当にいい仕事してくれています。緑茶が合うわ〜。

麩まんじゅうは名古屋駅・セントレア空港で買えます!

本店は江南市、県内に5店舗を展開していますが、出張者、観光の方、お土産で持って帰りたいという方には朗報。

大口屋の麩まんじゅうは、なんと名古屋駅で購入できるんです!名古屋駅、新幹線乗り場(南口)の隣のギフトキオスクで新幹線に乗る前にさっと買えちゃいますよ。以下のマップの”ここ”マークのあるキヨスクで売っています。

赤矢印のギフトキヨスク名古屋店。名古屋駅にはキヨスクが沢山あるので注意!
お店の右側に冷蔵専用お土産コーナーが。レジの横の目立つ場所にあります。

こちらのキヨスクで朝7:00から販売されています。写真は平日の18:30くらいのキヨスクですが、まだ十分在庫があるようです。赤福が有名すぎてなかなか目立たないかもしれませんが、この麩まんじゅう、本当にめちゃめちゃ美味しいです。赤福と甲乙つけ難い東海を代表する銘菓ですよ。この塩気と甘さのハーモニーが分かる大人へのお土産には、麩まんじゅうは絶対に喜ばれます。

また、飛行機の方はセントレア空港でも購入できますよ。3Fの出発フロア、銘品館で7:30から販売されています。いつも18時くらいまではあるようですが、たまに15時で売り切れてしまうこともあるとのことでした。ちなみにセントレア店では通常の麩饅頭のみの販売です。

3F出発ロビーのほぼど真ん中。

公式サイトで通販でも買えますが、消費期限は製造日を含め、2日です。上生菓子と同じですね。美味しさの秘密がここにも。

6個入り 951円(税込) 10個入り 1512円

最近、県外の知人に「麩まんじゅう」のことを聞かれました。県外の知人によると「愛知は和菓子が美味しい!」とのこと。他にもたくさん見つけていきたいです。

http://www.ooguchiya.co.jp