Rediscover Japan.
お茶の世界。日本の楽しいこと、美しいもの。
色々 / Others

MOA美術館 熱海の絶景美術館へ行ってきました。

MOA(エムオーエー)美術館

とは、最近また息を吹き返してきた観光地・熱海にある 「海のみえる」美術館です。

f:id:momonga_method:20190530162436j:image

このためだけに熱海に行く価値があると思う美術館です。アートや建築に興味があればもちろん、そこまで興味のない方でも十分に満足できる、かなりレベルの高い美術館です。

初島も見渡せる小高い丘の上にありますので、車で上がるのが結構大変ですが、たどり着いた先にある景色が本当に素晴らしく、到着した瞬間に「来てよかった」と心から思える場所です。

MOA美術館は昭和57年に岡田茂吉氏により創立され、その後大規模な改修工事を行い、今の形になりました。展示室はもちろんですが、能楽堂、黄金の茶室、日本庭園など様々な施設が備わった、見所たっぷりの美術館です。

国宝や需要文化財の茶道具も所蔵されており、常設展示品として近くで見ることができます。

MOA美術館は一部撮影可

常設展示、展覧会、施設の全てを見て回るには、最低でも3時間は見積もっておいた方がよいかと思います。5時間くらいあると全てをゆっくり堪能できるかと思います。

この美術館の最初の見どころは何といっても、チケットオフィスから展示室にたどり着くまでのどこまでも続くエスカレーター。登れど登れど、次から次へとエスカレーター。既に車でなかなか高いところまで上がってきているにも関わらず、エスカレーターで更に上へ上へと上がっていきます。窓も何もないので、一人だとホールの厳かな雰囲気も手伝って、「このまま私は異次元へ連れていかれるのでは・・?」と少し不安になるほどの長い長ーいエスカレーターです。

そしてたどり着いた先の天井には、巨大万華鏡が!

f:id:momonga_method:20190530215845j:plain

プロジェクションマッピングを駆使して映し出される現代の万華鏡。あまりの迫力にしばらく見入ってしまいます。ベンチがたくさん置いてあるので、時間が許せば、寝転がってぼーっと見上げるのもお勧めです。ゆっくりと表情を変えていく万華鏡、いつまでも見ていられますよ。

そして万華鏡を越えた先には・・・この景色です!!

f:id:momonga_method:20190530162300j:image

晴れの日は特にため息が出るほどの美しさです。熱海が一望できる、絶好の写真スポットです。桜の木が植えてあるので、春は桜が満開になり更に美しいです。

能楽堂

全501席の立派な能楽堂を間近で見学することができます。

多目的ホールとして貸出しされており、能の定期公演だけでなく、コンサートなどにも実際に使われています。先日は歌舞伎役者の坂東玉三郎さんの舞台があったようで、チケットが早々に完売していました。同時通訳対応設備もあり、国際会議も可能とのことです。日本の伝統を感じることのできる場所で国際会議なんて、海外の方には特に喜ばれそう・・。8月にはJAZZライブも開催されますよ〜。能楽堂でJAZZライブなんてすごいよ〜、日本でここくらい?海外のアーティストなんかにも来て欲しいなぁ。ついでにお酒なんかあって、夜ゆっくりできて、熱海の夜を見ながら眠りにつくなんて最高の休日ですよね〜。

黄金の茶室

豊臣秀吉がつくったといわれる豪華絢爛な茶室のレプリカです。

f:id:momonga_method:20190530162655j:plain

史料に基づいてつくられているので、折り畳み・組み立てすることができます。展示されている茶道具も約50kgの本物の金を使用してつくられていますので、警備員が常に常駐しています。そらそうだ。が、この警備員の方、警備だけでなく、展示物にかなり詳しく、こちらが様々な質問をしても、見事に回答してくださいます。あっぱれです。

日本庭園

f:id:momonga_method:20190529215431j:plain

広々とした日本庭園へはこちらの緑が美しい入口を潜り抜けていきます。雨が降っていても美術館備え付けの傘があるので安心ですよ。日本庭園には食事処「花の茶屋」と「そばの坊」、そして、茶室「一白庵」があります。美術館内にもフレンチとカフェがありますが、和のものが食べたい方はこちらの日本庭園でどうぞ。

f:id:momonga_method:20190530162924j:image
白露そば。白露と普通のおつゆ。

私はランチはいつもこちらの「そばの坊」で白露蕎麦を頂きます。白露蕎麦はつゆが透明で、大根おろしや七味などの薬味を入れていただく、さっぱりしたお蕎麦です。お蕎麦の味がしっかり味わえますよ。

一白庵

茶室・一白庵では、黒漆塗のテーブルと椅子の立礼席でお菓子とお茶をいただくことができます。薄茶か煎茶を選ぶことができます。抹茶は美術館オリジナルの有機抹茶「一白」で、干菓子は愛知半田・松華堂です。手入れされた広々とした庭を眺めながら、時を忘れてゆっくり一服・・。もよいですね。茶室の設計はワシントンの日本大使館にある茶室を手掛けた江守奈比古氏によるもので、大広間、広間、小間、立礼席から成っています。大広間にある茶道具や掛軸も是非ご覧になってみてください。

ショップには美術館がセレクトしたギフト・雑貨がたくさん揃っています。展示内容によってラインナップも変わるので、美術館を訪れると必ずチェックする場所です。美術館オリジナルの有機抹茶「一白」もこちらで購入できますよ。

MOA美術館、いかがでしたか?

展示物と建築物、そして絶景が備わった美しい美術館。何度来ても、あの景色を見ると「うわぁ~♪」と心が躍ります。晴れの日にお出かけになることをお勧めします。

事前にオンラインでチケットを購入しておくと、前売券価格、QRコード入場でらくちんです。