Rediscover Japan.
お茶の世界。日本の楽しいこと、美しいもの。
作家 / artist

馬淵弘幸 木工芸作家 【朝日新聞社賞】

現代木工芸作家、馬淵弘幸さんを紹介するよ。

Hana
Hana

馬淵弘幸氏 作歴

略 歴
  • 昭和41年 岐阜市生まれ 
  • 平成17年 東海伝統工芸展 初入選 以降13回入選 
  • 平成20年 日本伝統工芸展 初入選 以降10回入選 
  • 平成21年 伝統工芸木竹展 初入選 以降5回入選 
  • 平成23年 伝統工芸木竹展 日本工芸会賞 
  • 平成24年 「茶の湯の現代 -用と形-」展 奨励賞 東海伝統工芸展 名古屋市長賞受賞 
  • 平成25年 東海伝統工芸展 岐阜県教育委員会賞 
  • 平成26年 東海伝統工芸展 中日賞 
  • 平成31年 東海伝統工芸展 50回展記念賞 伝統工芸木竹展 朝日新聞社賞 
  • 日本工芸会正会員

馬淵さんの作品の特徴は、気が遠くなるような、その超絶技巧にあるよ!

Hana
Hana
茶箱

木を積み重ねて模様を出すこの技法。気の遠くなるような緻密な作業です。馬淵さんは岐阜県にお住まいの作家さんで、伝統工芸展に例年出品されており、様々な賞を受賞されています。近年ではお住まいの東海地方だけでなく、近畿地方の展示会にも出品されたりと、少しずつ世に出回り始めていますので、見つかるのも時間の問題だろうな〜。

1つの作品をつくるのに大体3ヵ月かかるんだって。

Hana
Hana
茶箱と茶通箱
箱1
箱1側面
香合
香合2
香合3

この展示会では茶箱は大体30万円〜、香合は5万円〜から買うことができました。

まだまだ若手の作家さんです。今後作風に新たなスパイスが加わって、更に進化していく可能性をヒシヒシと感じる、Hana注目の作家さんです。