Rediscover Japan.
お茶の世界。日本の楽しいこと、美しいもの。
色々 / Others

五島列島 アクセスは?ホテルは?1泊2日で世界遺産の島へ行こう!

五島列島に行ってきましたよ。列島というくらいなのでなかなかイメージつかないと思いますが、意外にも簡単に行けちゃいます。

五島列島とは?

2018年6月「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」としてユネスコに世界遺産に認定された、長崎県の離島郡です。無人島含め140以上の島々からなる列島で、約7万人の人々が暮らしています。全く人がいない島を想像していたので、上陸して安心しました。人もいるし、お店もあります!

五島列島、なかなか知らない方も多かったと思いますが、世界遺産登録のニュースで一躍有名になったのではないでしょうか。五島列島の場所はこちらです。

意外に大きな離島群ですよ。

五島列島へのアクセスは?

五島列島へのアクセスは海と空と2つの方法があります。

空からのアクセスの場合

五島列島最大の島、福江島(五島つばき空港)の空港に長崎空港か福岡空港からアクセスします。毎日直行便が出ていますよ。航空会社はANAとオリエンタルブリッジから選択できます。私が乗った時はかわいい小さなプロペラ機でした。

海からのアクセスの場合

長崎港ー福江島間でフェリーが1日3便・ジェットフォイル1日4便以上運航されており、簡単にアクセスすることができます。フェリーなら3時間10分、ジェットフォイルなら1時間25分です。福岡港からもフェリーが1日1便出ています。また佐世保ー上五島間(有川港)も同じくフェリー・ジェットフォイルでアクセスすることができます。

五島列島内の島間では高速船で移動します。1日1便しか航行のない島間もあるので、あらかじめ調べておくことをオススメします。

最大の島は福江島で、2番目に大きなのは有川港のある上五島と呼ばれる地域だよ。
高速船の船内。よっぽどの繁忙期以外、予約する必要は無し。
港に到着→チケットオフィスですぐに買えます。

高速船は天気の悪い日だと結構揺れます。普段は乗り物酔いめったにしないHanaですが、この日は酔いました!早く着いて〜とひたすら願ってました。船酔いが心配な人は酔い止めがあったほうがよいと思います。

旅程は?

今回の旅程は以下のとおりです。

1日目
  • 佐世保-有川港(上五島)11:13着 (高速船 シープリンセス)
  • 五島うどんの里でランチ 名物「五島うどん」&お土産物ショッピング
  • 12:30 観光タクシー「有川タクシー」5時間観光プラン出発
  • 17:30 奈良尾港着→17:50発 ジェットフォイルで福江島へ
  • 福江島「コンネホテル」にて宿泊
2日目
  • レンタカー受け取り(ニッポンレンタカー)
  • 大瀬崎灯台
  • 鬼岳
  • ANA4698 五島福江(19:00)-福岡(19:40)

島の見どころは?

教会巡り(上五島)

外せないのはやはり、世界遺産にも登録された島々のキリシタン関連遺産の「教会」見学。長崎県にはキリシタンが多く住んでいたことは歴史の授業で習いますが、五島列島のことを知らない人は多いのではないでしょうか。江戸幕府〜明治政府によりキリスト教が禁止され、迫害されたキリシタンの人々がこの五島列島に移り住み、明治政府による宗教弾圧が解かれると、信者たちは信仰の証として島に数々の教会を建設していきました。

島にたくさんある教会を限られた時間で周り、教会ごとの歴史も知りたい・・。島には教会が沢山あるので、レンタカーを借りて、ナビに入れて、その教会ごとの説明をガイドブックを見てて・・な〜んてやっていたら、あっという間に時間が経ってしまいます。

そこで、観光タクシーの利用を強くおすすめします!

私が今回利用した観光タクシー会社は、上五島の有川タクシー。お願いしたのは「観光コース」5時間プラン、18,000円です。4名で車体は快適なプリウス。5時間でも結構駆け足でした。

https://arikawataxi.net

有川港に到着したら、港から徒歩3分の「五島うどんの里」まで迎えにきてくださるので、そこからは全てドライバーさんにお任せしました。上五島にある国指定重要文化財の「頭ヶ島天主堂」のエリアに入るのには事前予約が必要なのですが、この予約もタクシー会社が行ってくれましたし、祈りの場である教会の見学時のマナーも教えてくださったので、大変助かりました。

この日のドライバーさんは五島出身の方で、島の歴史や教会のことはもちろん、島の人の普通の暮らしのお話などもたくさん聞けてとても楽しかったです。ちなみに送迎場所は事前に相談で、有川港に限らず、指定の場所に来てくださいますし、船の時間を知らせておけば、きちんと送り届けてくださいます。

国指定重要文化財の頭ヶ島天主堂。
見学には事前申し込みが必要。

長閑な漁村と思って眺めていると、教会が次々に現れて、クルス(十字架)の掲げられたキリシタン墓地が至る所に。こんな光景は日本でもここしかないのではないでしょうか。

大瀬崎灯台(福江)

灯台までは遊歩道になっている。悪天候の日は要注意。

妻夫木聡さん主演の映画「悪人」のラストシーンの舞台にもなった、断崖の上に建てられた白亜の灯台です。日本の灯台50選にも選ばれています。

西海国立公園の特別地域に指定されており、ここからの景色は文字通り息を飲むほど素晴らしい!海の青さ、空の青さ、ここは本当に日本なの?地球万歳!という感じ。

コバルトブルーの海

遊歩道を歩いて灯台の麓まで行くことができますが、道中、風がかなり強かったです。晴天の日でしたが、台風中継でも見た事ないくらいの凄まじい風で、特に最後、灯台の麓まで登る階段(落ちたら海)では、手すりを両手でつかんでいたにも関わらず、大人の私でも身の危険を感じるくらいでした。

ここまで元気に歩いてきていた祖母も、ここは危険ということで渡るのを止めていました・・。遊歩道自体は特に危険もなく、2~30分くらい、普通のスニーカーで歩けますよ。ちなみにトイレは遊歩道入口に公衆トイレがあるのみ。遊歩道にはありません。

鬼岳(福江)

鬼岳頂上からの景色

五島のシンボル「鬼岳」です。

標高315mの全面が芝生に覆われた美しい火山で、歩いて登ることができます。頂上まで登ろうとすると、やはりここでも風が強く、少々恐怖を感じましたが、なんとか登り切りました。眼下には美しい海と福江の市街地が。360度ぐるりと美しい景色が見れます。福江に来たら絶対に訪れたいスポットです。

今年のTBS「音楽の日」で森山直太朗さんが歌われていたのは、こちらです。放送日は雨でしたが、天気が良いと写真のとおり絶景スポットです。

 

  • ちょうちん家(福江)

たまたまお昼過ぎに通りかかった定食屋さんが美味しかったのでご紹介。あとで調べてみたら、「出川哲郎の充電させてもらえませんか」という番組で出川さんがお食事されていたみたいです。一見普通の家なのでよくよく見てないと見過ごします。笑 水道局?何か公的な施設が店の真向かいにありました。そこで働く社員の方たちがお昼を食べにきていましたよ。

私は観光客らしく刺身定食を頼みました。店のおじいちゃんがその朝釣り上げてきたブリとのことで、ぴっちぴちのぷりっぷり。新鮮なお魚ってこんなに美味しいんだ・・って衝撃を受けました。海に囲まれた五島ならでは、お魚は絶対に食べたいですよね。こちらのお店は市街地から少し離れた玉之浦というエリアにあるので、ローカル感も味わえてとってもよかったです。

  • 道の駅 遣唐使ふるさと館(福江)

こちらの駐車場で売られているソフトクリームがめちゃくちゃ美味しかったです。「五島一美味しい!!という看板がかかっていて、半笑いで半信半疑で食べてみたら、今までに食べたソフトクリームの中でも上位に入る美味しさで驚きました。「五島一」は真実でした。しかも200円。わからないものですね!

お宿は?

コンネホテル(福江)

私が今回宿泊したのは福江島の港から車で10分程度の場所にある「コンネホテル」です。2016年4月にオープンした比較的新しいビジネスホテル。お部屋もきれいだし、1階に大浴場がついているのがとてもよかったです。

価格帯:8,000円~

旅の宿 やがため(上五島)

五島列島産の塩「矢堅目の塩」を製造・販売するお店が営むお宿。私はこちらにお塩を買いに寄ったのですが、お店の方がとても良い雰囲気の方だったので、お宿も良い感じなんだろうなぁと。何より島のものをふんだんに使ったというご飯が美味しそう・・。そして遊魚船に乗って魚釣りに出かけるツアーもあったり、地元感をしっかり味わえるお宿のようです。

ホテルマルゲリータ(上五島)

一方、非日常を楽しむならば、こちらの五島列島で一番有名なお宿では?タクシー運転手の方もお客さんをよく送り届けるとのことでしたし、大人気のようで、2019年3月に2軒目が上五島の奈良尾にオープンしました!

コンセプトはリゾートホテル。お部屋はまるで地中海のようなお誂えで、スパもあり。そしてお食事はイタリアンです。非日常を存分味わえるワンランク上のホテルですね。

価格帯:25,000円~

お土産は?

五島うどんの里(上五島)

五島名物の「五島うどん」の歴史や作り方などが展示されているスポットですが、観光物産センターも併設されており、こちらで島のお土産を買うことができます。今回島巡りをした中で、こちらのお土産センターが一番品揃えがあったと思います!

五島名物で日本三大うどんの1つ、“五島うどん” 美味しかったです!

遥か昔、遣唐使の時代に五島列島に伝わったとされる歴史あるうどんです。細いながらもコシがあり、本島で食べるうどんとはまた一味違って美味しいです。うどんの里お食事処「遊麺三昧」で食べることができます。

「五島うどんの里」で地獄炊きうどん
上五島有川あごだし

私が力強くお勧めしたいのが“上五島有川あごだし”です。

このあごだし、ものすごく美味しいです!このだしが無くなった時、あごだしロスに陥いりました。7パックで1,620円とだしパックにしてはまあまあのお値段。お雑煮に使うといわれる高級だしですからそりゃ美味しいはずですが、お土産にすると喜ばれますよ!

五島列島・飛魚醤油の素

“五島列島・飛魚醤油の素”もおすすめです。

こちらは焼き飛魚、乾燥昆布、乾燥赤唐辛子、が丸ごと入った瓶の中に、家で使っている醤油を入れ、冷蔵庫で3~4日寝かせて、オリジナルの醤油をつくる醤油づくりキットです。焼き飛魚の旨味成分が醤油にいい塩梅に溶け出して、いつものお醤油がコクのある高級醤油に。3-4回繰り返し使えるので長く楽しめます。

ツバキ関連の化粧品

長崎県は全国1-2位を争うほどツバキの生産量が多い県ですが、そのほとんどがここ五島列島でつくられています。資生堂のあの有名なシャンプーもここ五島のツバキを使っているそうですよ。島内至るところでツバキ油を使ったオイルやソープなどが売られています。お値打に質の良いものが買えますよ。

離島といえど、実は気軽にアクセスしやすい五島列島。

世界遺産にも登録され、今後ますます注目されていくことでしょう。観光客でごった返す前に、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

青い海と空!パワーチャージに何度でも訪れたい場所です!

Hana
Hana