色々 / Others

茶杓の銘一覧 【濃茶編】お稽古に役立つ!

薄茶点前の茶杓の銘にはその時々の季節を表す言葉が取り入れらています。月ごとの茶杓銘をまとめた表などが、インターネット上や「茶道実用茶道手帳」などの書籍でも特集されています。

Hanaも毎回お稽古持って行ってます。

一方、濃茶点前では、薄茶点前とは異なり、季節を表す銘は使われないのが一般的です。

普段のお稽古、道具拝見の練習でも茶杓名はいつも同じになりがち。 濃茶点前に使用される茶杓の銘を一覧表にしてみました。 「たまには違うの言ってみたい!」「自分で作った茶杓、銘は何にしよう?」というときに、ご覧いただければと思います。

茶杓の銘 濃茶編

Hana
Hana
定番以外に、少し変わったものも挙げてみたよ。

随時更新中

相生 あいおい一つの場所から互いに接して生え出ること。
東雲 しののめ夜明け。明け方の空に東にたなびく声。
冠 かんむりかんむり。
八千代 やちよ極めて長い年月。
無 何もないこと。心の有様。
弦月 げんげつ上弦・下弦の月。
和 調和がとれていること。
瑞雲 ずいうん吉兆のきざしとして現れる紫がかった・または五色の雲。
徒然 つれづれ長々と。
千歳 ちとせ千年。長い年月。
老松 おいまつ長い年月を経た松。
常盤 ときわ永久不変なこと。
初心 しょしん最初に思い立ったときの純粋な気持ち。
平安 へいあん無事、平穏なこと。またその有様。
一期 いちご一生に一度しかないこと。
無事 ぶじ普段と変わりないこと。またその様。
翁 おきな老人。
あけぼの太陽が昇る明け方のこと。
青苔 せいたい青い苔。
道 みち道。

茶 杓 小 咄

自分で茶杓をつくりたい

茶杓は、竹職人だけではなく、誰でも気軽につくることのできる茶道具です

事実、千利休の時代、茶人たちは自身で削った茶杓を使うというこだわりようでした。戦国時代、茶杓は「茶人の刀」と呼ばれていたのです。

また、少し昔、近代数寄者の間では、亭主や客が、互いに茶杓を削り、各々で思うままに銘をつけ、気軽に贈り合う習慣があったようです。

現代の忙しい日々の中では、なかなか難しいかもしれませんが、とっておきのときに心のこもった一作をプレゼントしたら、とても喜ばれそうですよね!

Hanaも以前体験教室でつくったことがありますよ!
初めてでも2時間くらいでなかなかのものができました。

Hana
Hana

created by Rinker
¥3,410 (2020/09/28 07:25:59時点 楽天市場調べ-詳細)

歴代の茶人がつくった茶杓を眺めたい

茶杓はただの一本の細い竹ですが、素材、形、銘において、作者の個性が色濃く出るものです。実に表情豊かで、とても面白いお道具なんですよ。

茶道具の脇役ともいわれる茶杓ですが、たまにはじっくりと見つめて、違いを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

2018年、茶杓のみを集めた大変珍しい展示会が、滋賀県 MIHO MUSEUMで行われました。Hanaも持っているこちらの写真集、54名、100余点の茶杓が実物大で掲載されています。出版は茶人お馴染み淡交社、著者は竹工芸家・池田瓢阿先生です。

Hana
Hana

後にも先にもこんなに茶杓に特化した写真集は無いんじゃないかなぁ・・。茶杓愛がスゴイ。