Rediscover Japan.
お茶の世界。日本の楽しいこと、美しいもの。
茶道色々 / chado

茶道の効果 私がお茶をやっていて良かったと思うこと

茶道を初めてもうすぐ10年。

簡単なお点前でも未だに間違えて、先生に「たわけー!」とお叱りを受けております。「茶道のお稽古をしている」と話すと、「何が楽しいの?」「どういうところがいいの?」と聞かれることもしばしば。

スポーツや楽器などと違い、“趣味の茶道” は多くの人にとっては未知の世界なんですね。よくわからない世界、意識高い系という印象があるようです。

そこで、今回は私が茶道をしていて良かったと思えることについて、考えてみました。「茶道を習ってみようかな」と考えている方や、「子供にお茶を習わせたいけど・・」と考えている方の参考に少しでもなれたら幸いです。

茶道の効果・私がお茶を習って良かったと思えること

 「一期一会」と「日日是好日」の精神を知ることができた

まず、「一期一会」と「日日是好日」の意味をじっくりと考えるきっかけに出会えたということが、お茶を習い始めて、最も良かったことかなと思います。この言葉の意味を知るのと知らないのとでは、長い人生の見え方や毎日の過ごし方が違ってくるだろうなぁ・・と、歳を重ねるほどに思います。
茶道を始める前も「一期一会」という言葉自体は知っていましたが、その意味についてしっかりと考えたことはありませんでした。しかし、お茶を習い始めてこの言葉に触れる機会が増え、自然にその意味について考えるようになり、お茶以外の場面でも様々なことと照らし合わせて、更に深く考えるようになっていきました。今日と同じ日はもう2度とこない、そして今ここにいる人に絶対にまた会えるという確証はないのだということ。だからこそ、先延ばしせずに、大切なことはそのときにやる、この人と話すのはこれが最後になるかもしれない、と思い、大切な人にはそのときに伝えるということ。逆もまたしかりで、これが最後になるかもしれないから、後味が悪くなるような別れ方はしない。ということを常心に留めるようになりました。
そして「日日是好日」。この言葉の意味を考えるようになってから、毎日同じことの繰り返しでつまらないな・・、と思うことがなくなりました。例えば毎日の会社や学校への道。同じように見えても、実は少しずつ変化していてるということ。昨日と同じ今日がやってくる、今日と同じ明日がやってくる、ということは実はとても幸せなことなんだ!と、ある日自分の中でストンと腑に落ちた時があったのです。つらいことや悲しいことがある日もあるけど、その日その日で小さな幸せや喜びに気づくこと、そうすれば毎日が良い日になるということ、を知りました。

季節の変化に気づくようになった

f:id:momonga_method:20190605150327j:plain四季の移り変わりに気づくようになりました。植物、太陽や空の高さ、雲の形が四季それぞれに違うことを観察し、それを楽しみながら季節の移り変わりを過ごすようになりました。

特に植物が季節を忠実に教えてくれることに毎年感動しています。真冬の日、寒いなぁと思っても梅の木には小さく蕾が付き始めていて、「あ、でももうすぐ春が来るんだ」と気づいて、梅の花が咲くと次は桜の蕾、そして桜が散ると、梅の木に青々とした梅がたわわと実り、もうすぐ梅雨入り、そして夏なんだなぁ。というような具合です。毎日歩いている道や景色も違って見えてくるので楽しいです。

雨の日も好きになった

f:id:momonga_method:20190605150331j:plain

雨の日は嫌な日、ただそれだけでした。着るものも困るし、外出するのも億劫。ですが、茶道を始めて数年経ったころから、雨の日もいいなぁと思えるようになりました。

雨が降らないと生き物は生きていけないということを改めて知ったということもありますが、何より雨の音が好きになりました。

梅雨の季節、雨がたくさん降っているとき、雨のザァーッという音で外の雑音が一切かき消され、まるで自分の周りの空間しか存在していないかのような不思議な気分になることがあります。そんな時、目の前のことにものすごく集中できたり、普段は思い出さないような昔のことが意識していないのに心に浮かんでくることがあります。それはとても不思議な感覚で、たまに経験するその感覚が心地よいです。

日本がより一層好きになった

f:id:momonga_method:20190605150320j:plainもちろん茶道自体が日本の伝統文化であるということがあります。しかしそれだけではなく、茶道には他の様々な文化が含まれています。掛軸の「書」や、生け花、茶碗や茶入の「陶芸」、棗の「漆」、竹細工、お茶、和菓子、着物、などなど、茶道には様々な日本のものがぎゅーっと詰め込まれており、それらに興味を持つようになったことで、好きなことが増えて、毎日が楽しくなりました。茶道の精神はもちろんですが、こんなに素敵な文化がたくさんある日本という国の良さを再発見することができました。旅行に出かけたときも、旅先に必ず何か関連するものがあるので、旅の目的も増えて、より一層旅行を楽しめるようになりました。

日々の暮らしでは出会わないような人に出会うことができた

f:id:momonga_method:20190605150314j:plain

趣味の世界なので、年齢層も幅広く、また普段の暮らしでは話すことのない業種の人とお話する機会が増えて、視野が広がりました。お家元や社中の方々はもちろんですが、陶芸家や竹工芸作家、漆作家などなど、茶道をしていなかったら一生話すことがなかったろうなと思える全く違う業界の人の価値観や考えに触れることができたのは、とても大きなことだと思っています。

いかがでしたか?
茶道は長く細々とでも続けやすい趣味の一つ。死ぬまでできますので、一生の習い事として始めてみるのはいかがでしょう。
ABOUT ME
Hanakanmuri
Hanakanmuri
Hello, I am Hanakanmuri. I love chanoyu, arts and traveling. On this site, I would love to share what's about chanoyu and useful tips if you are thinking of traveling to Japan! I will share the info from a local's point of view, what your guide book doesn't know!